<< 岡本太郎展を見てきました! | main | 先走るのは良くないですね〜。 >>
アフターケア制度。
0
    おはようございます。
    今日も朝から暑いです!
    秋田の行政書士・社会保険労務士の柿崎です。

    昨日の秋田はものすごく暑かったですね〜。
    最高気温は36℃まで上がったようです。
    ちょうど午後2時ころ外出したのですが、汗が噴き出してきましたね。
    ちょっと歩いただけで、汗でびしょびしょになってしまいましたよ。

    そして今日ですが、出勤時ですでに30℃近くありまして…。
    朝方も気温が下がらなかったようで、熱帯夜でしたね。
    今日の予想最高気温も34℃。
    危険な暑さが続きます。
    熱中症、気を付けましょう。

    さて、先ほどアフターケア制度についての問い合わせがありまして…。
    恥ずかしながら初めて聞く言葉で???状態。
    まだまだ勉強不足ですね〜。

    アフターケア制度とは、業務上や通勤中のけがや病気の療養後に治った労働者に対して、再発や後遺障害を防止するための制度のことです。
    業務上や通勤途上の病気やけがが治った後に、再発や後遺障害を防止するため、必要に応じ、診察、保健指導、検査が無料で受けられるようにすることで、被災労働者のその後の円滑な社会生活復帰を目的としています。
    ちなみに、ここにおける「治った」とは、完全に治癒した場合のみならず、今後治療しても改善できないような症状固定の場合も含まれるようです。

    対象となるけがや病気は、主なものとしては、脊髄損傷、頭頸部外傷、人工関節・人工骨頭置換等20種類あり、業務災害や通勤災害によるけがや病気が治った後に障害補償の対象となるような一定の障害が残った場合に限られます。

    このアフターケア制度を利用するには、健康管理手帳というものを交付される必要があり申請先は所轄の労働基準監督署となっています。
    この健康管理手帳が交付されますと、労災保険指定医療機関で、診察、保険指導、処置、検査等を、一定の範囲内において無料で受けることができます。
    また、経済的負担を軽減するため、通院する距離によっては、アフターケア通院費支給申請書に領収書等を添付して、通院に関する費用の支給を受けることもできます。

    今回は自分の忘備録としてアフターケア制度について記載してみました。
    業務上のけがや病気が治癒した後も体調等に不安がある場合は、アフターケア制度を検討していただければと思います。

    ではでは今日はこの辺で〜。
    今日も一日頑張りましょう!

    カテゴリ:日記 | 10:19 | comments(0) | - | - |
    コメント
    コメントする