<< 9月で36℃予報ですか。 | main | 岡本太郎展を見てきました! >>
横断歩道は歩行者優先です。
0
    おはようございます。
    外は真っ暗です。
    秋田の行政書士・社会保険労務士の柿崎です。

    昨日、秋田市は36℃まで気温が上昇し室内でも結構暑かったですね〜。
    台風の影響か蒸し暑さもありました。
    その為か結構体が疲れてしまいまして…。
    今頃夏バテですかね〜。

    そして今日は雨…。
    秋田市では大雨洪水警報も出ていて、今も結構な雨が降っています。
    朝起きたときは止んでいたんですけどね〜。
    予報通り降ってきてしまいました。
    土砂災害の注意報も出ています。
    大きな被害等出ないことを祈るのみです。

    皆さん、車を運転している際に横断歩道に歩行者がいるときちゃんと止まっていますか?
    横断歩道は歩行者優先なので、信号のない横断歩道で歩行者が渡ろうとしていた場合、車は止まって道を譲らないといけないんですよね。
    ただ、日本は車優先と考えている人が多いようで…。

    自宅マンションから駐車場まで行く際に、道幅がそんなに広くない2車線の道路を渡る必要があります。
    道路両側に運輸関係の庁舎等がありますので(分かる人にはすぐ分かってしまいますね)、ここの横断歩道は渡る人が結構多いのです。
    今朝もこの雨の中、ここの横断歩道前で渡ろうと待っていたのですが、まぁ、ほとんどの車が止まってくれません。

    それでも最近は止まってくれる車も少しずつ増えてきたようにも思えるのですが、一方の車が止まってくれたので横断歩道を渡ろうとすると対向車が止まらずにそのまま突っ込んでくることもしばしば…。
    せっかく止まってくれているのに、なかなか渡れないのです。

    もちろん2車線でも道幅が広くて車通りが多いようなところでは、対向車の方も横断歩道で待っている人に気づきにくいことも多いと思います。
    しかし、車幅も広くない生活道路のような場所で、横断歩道で車が止まっていれば歩行者にもすぐに気づくと思うのですが…。

    僕自身、100%ではないですが歩行者が横断歩道で待っている場合は止まるようにしています。
    しかし、先ほども書きましたが道幅が広く交通量も多い場所では、自分が止まっても果たして対向車が止まってくれるだろうかと不安に思うことも多々ありますし、直前で歩行者に気づいて止まれなかったこともあります。
    ただ、以前、交通量の多い状況で対向車がなかなか止まってくれない中、歩行者のためにずっと止まっていた車を見かけましたので、僕もそのようにありたいとずっと思っています。

    自分自身、もう少し余裕を持ちながら車を運転したいですね。
    自分への戒めも込めて。

    ではでは今日はこの辺で〜。
    今日も一日頑張りましょう!

    カテゴリ:日記 | 09:38 | comments(0) | - | - |
    コメント
    コメントする